学生服の洗濯・クリーニングの頻度は?今さら聞けないに答えます!       

スポンサーリンク

 

 

ブログの更新は上記Twitterよりお知らせしています!

 
この記事でわかること
☑学生服の洗濯、クリーニングの頻度は1か月に1回。
☑その都度、ケアをするのがおすすめ。
☑ケア方法と保管方法も紹介。
 
めぐめぐ

学生服の洗濯頻度やクリーニングの頻度ってご存知ですか?

 

ニャンコニャンコ

あんまり気にしてなかったニャ!

使ってる本人は気にしないもんだニャ!

 

でも、結構、汚いんじゃないかニャ?

 

めぐめぐ

そう。

着ている本人はもちろん、洗濯やクリーニングに出してくれるお母さん方も何となく、衣替えの季節に洗濯するのでOKと思っているでしょう。

 

さらに、昔の方がクリーニングが返却してくれる日数もかかっていたともうので、ワンシーズンに1回とかのレベルがちょうどよかったんだと思います。

これ、相当汚い気がするけど、この頻度は正しいのか…。

 

そこで今回は人には今さら聞けない学生服の洗濯頻度、クリーニングに出す頻度をご紹介します。

 

こんな人に使ってほしい!
☑クリーニング店まで運ぶのが面倒くさい人。
☑宅配クリーニングで徹底的に洗ってほしい。
☑自宅から簡単にお願いしたい。
☑自宅での洗い方を知りたい人。
 
 
学生服の宅配クリーニングならリナビスとネクシーがおすすめ!

>>申し込みはこちら>>リナビス

>>申し込みはこちら>>宅配クリーニング【ネクシー】

 

 

学生服の洗濯・クリーニングの頻度は?今さら聞けないに答えます!

学生服の洗濯・クリーニングの頻度は?今さら聞けないに答えます!

学生服の洗濯、クリーニングの頻度をちゃんと知らなかった…という人は結構多いと思います。

今さら、周囲に聞くのはちょっと恥ずかしいという疑問にお答えしていきますね。

 

学生服のクリーニングの頻度は1か月に1回が理想!

学生服のクリーニングの頻度は1か月に1回お願いするのが理想です。

あまり着続けると汚れがこびりついてしまい、汚れが落ちにくくなります。

 

めぐめぐ

ただし、学生服の予備がないという家庭は多いですよね。

 

学生服は結構汚い!クリーニングには定期的に出そう

学生服は毎日着用するものなので意外と汚れています。

もちろん、学校でジャージに着替えてしまえばそれほど着用している時間は長くありません。

 

そのため、学校によっても大きく変わってきます。

それでも学校の行き帰りは学生服を着用しているので、ある程度汚れは付きます。

 

めぐめぐ

学校で着替える習慣がない場合は、かなり汚れが付着していると考えられます。

だからこそ、学生服は定期的にクリーニング出すのがおすすめなんです。

 

学生服を1ヶ月に一回という頻度でクリーニングに出すのは困難という家庭がほとんど

1ヶ月に1回クリーニングに出すのが理想的ですが、学生服の予備を持っているという家庭は少ないでしょう。

そうなると1ヶ月に1回クリーニングに出すのも困難という家庭が多くなります。

 

汚れがひどいとき・衣替えのタイミングでクリーニングに出そう

目に見えて汚れがひどい、衣替えのタイミングはクリーニングに出した方が良いです。

学生服のクリーニングって意外と高いんじゃないの…と思うかもしれませんが、クリーニングに出すことで細かなケアをしてもらえます。

 

めぐめぐ

また、こちらでおすすめしているのが宅配クリーニング。

宅配クリーニングは高そう…というイメージがあるかもしれませんが、意外と一般的なクリーニング店と価格は大きく変わりません。

 

料金に多くの無料サービスが含まれているところが多く、トータルで考えると実質、宅配クリーニングの方が安かった!なんてこともあります。

また、保管サービスも無料でついてくるところも多く、最適な環境で保管してもらえるので、大切な学生服も安心して預けられるんです。

 

学生服を宅配クリーニングに出そう!メリット・デメリットは?

学生服を宅配クリーニングに出そう!メリット・デメリットは?

上記の通り、1か月に1回はクリーニングに出すのが理想です。

これは1か月使い続けるとどうしても汚れがひどくなるからです。

 

めぐめぐ

汚れが落ちやすいうちにきちんとプロにケアしてもらうのが理想的でしょう。

特に宅配クリーニングならさまざまなメリットがあるので、そちらがおすすめ。

 

宅配クリーニングのメリットは無料サービスが多いから

宅配クリーニングのメリットは無料サービスがついてくるところが多いという点ですね。

一般的なクリーニング店だと染み抜きをしてほしいと言ったら+○○円となって、実質、めちゃくちゃ高くなってしまう!なんてこともありますよね?

 

でも、宅配クリーニングだとこういったオプションが無料でついてくるところもあるんです!

もちろん、すべての宅配クリーニングが同じ無料オプションがあるわけではありません。

 

それでも、無料サービスをつけてくれている宅配クリーニングが多いのは事実。

そのほかにもさまざまなメリットがあります。

 

メリット

☑染み抜き、修繕、毛玉、毛取りなど無料サービスが多い。

☑宅配クリーニングによっては保管サービスも無料。

☑技術力が高いところが多い。

☑自宅で簡単に依頼できる。

☑好きな時間に荷物を自宅に取りに来てもらえる。

☑メールやチャット形式でいろいろ相談できる。

☑パックサービスだとかなり安くなる。 

 

などです。

思った以上にメリットが多くてびっくりしたのではないでしょうか?

 

宅配クリーニングのデメリットはまだ使っている人が少ないから不安?

宅配クリーニングに出すことを躊躇しているのはなぜでしょうか?

それは周囲で使っている人がまだまだ少ないから、情報が少ないからという点ではないですか?

 

そのほかにも…

 

デメリット

☑一般的なクリーニングよりも時間がかかる。

☑どこがいいかわからない。

☑単品だと高くなる。

 

などがあるでしょう。

一般的なクリーニングだと即日受け取りができるというところもあります。

 

しかし、こういったところは生地が傷みやすい、汚れが取れ切れていないというケースも多いようです。

また、どこがいいかわからない…という点はネットで情報を集めるしかありませんね。

 

それでも、こちらで紹介している宅配クリーニングは人気があるので、おすすめです。

そのほかに単品だと割高になるという理由は送料がかかるという点。

 

一定額以上だと送料が無料になりますが、1点だと宅配クリーニングの方も困ってしまいます。

 

めぐめぐ

だからこそ、普段は自宅で洗濯、ワンシーズン着たタイミングで、ほかの衣類と一緒に宅配クリーニングを依頼すると学生服のクリーニング代金が安くなります。

単品の宅配クリーニングでも上下で1,400円以下からクリーニングできるのでかなりお得ではないでしょうか?

 

※オプションは別

 

一般的なクリーニング店の相場も1,000円以上

一般的なクリーニング店での相場はどのくらいなのか、気にありますよね?

宅配クリーニングを使うメリットは本当にあるのか?という点を踏まえてご紹介します。

 

一般的なクリーニング店だと女子のクリーニングはちょっと高くなる可能性があります。

それはひだの多いプリーツスカートを採用しているところが多いからです。

 

こういったひだのあるプリーツスカートの場合は、割増料金がかかってしまいます。

通常、550円~程度だったのが料金に加算されてしまうんです。

 

そのほかのブレザー、男子の学ラン、ズボンなどは550円~が相場になるので、そこまで高い料金ではありませんね。

ちなみに白洋舎では学生服上下で1,200円になっています。

 

ただし、ひだの折り目加工に+800円など、さまざまな追加料金がかかるので実質かなり高くなるかもしれません。

 

めぐめぐ

また、汚れがひどい場合はドライクリーニングで対応できません。

そうなると時間と料金が高くなります。

 

あと、宅配クリーニングのプリーツ加工って200~300円でできちゃうんですよね~。

 

学生服でおすすめの宅配クリーニング店

  リネット ネクシー
料金

学生服上:1010円

学生服下:670円

プリーツ加工:200円

撥水加工:600円

ウェット加工:1,000円

花粉ガード:400円

ダブルリファイン加工:400円

潔癖加工:400円

(抗菌・消臭・防臭)

 

学生服上:960円/メンバー810円

学生服下:660円/メンバー560円

学生服ジャンパースカート:

1,100円/メンバー940円

プリーツ:270円

 

 

宅配クリーニングに学生服を出すときの注意点5つ

宅配クリーニングに学生服を出すときの注意点5つ

宅配クリーニングに学生服を出すときに注意しておきたいことが5つあります。

 

その1.学生服は上下セットでクリーニングに出すのがマスト

学生服を使っているとズボンやスカートだけ汚してしまったというケースも少なくありません。

だからといって、学生服の下だけクリーニングに出すことは避けてください。

 

めぐめぐ

これはスーツでも同様なのですが、上下セットで宅配クリーニングに出さないと風合いや色味が不自然になるケースがあるんです。

そうなると見た目も悪くなってしまうので、最悪買い換えないといけなくなります。

 

その2.学生服のポケットの中身は全て出してからクリーニングに出す

学生服のポケットにはいろんなものを入れてしまいがちです。

そのままにしてしまうと紛失の原因になったり、ボールペンなどを入れたままだとシミの原因になります。

 

めぐめぐ

また、子供は結構、小さい紙を入れたままなんてこともありますよね。

細な紙が入っていると洗濯後にこびりつくこともあるので注意しましょう。

 

その3.シミ、大きな汚れのチェックをして連絡しておく

学生服をクリーニングに出す前にシミや汚れがこびりついていないかチェックしておきましょう。

シミがある場合は前もって備考欄に記載しておく必要があります。

 

めぐめぐ

汚れがひどい場合はウェットクリーニングなどで対応してもらう必要があるでしょう。

 

その4.ほつれ・破れがないか確認して宅配クリーニングに修繕を依頼

若い頃は学生服でも乱暴に扱ったり、激しく動いたりするため、意外とほつれや破れが生じることがあります。

だからこそ、前もってほつれ、破れがないか確認しておきましょう。

 

そのまま放置してクリーニングに出してしまうと生地がさらに破れてしまう可能性があります。

宅配クリーニングによっては無料で修繕をしてくれるところもあります。

 

また、こちらが気づいていなくても修繕してくれるケースもあるようです。

ただし、確実に修繕してもらうためには、前もって連絡しておく方がいいでしょう。

 

めぐめぐ

大体の宅配クリーニングは別料金で修繕をしてもらうことになります。

 

その5.学生服をクリーニングに出すときはボタンを外しておく

大体の学生服のボタンは校章が入っています。

クリーニングのときに破損をしたり、なくしてしまうケースもあるようです。

 

リスクを避けるためにも、簡単に外せるボタンは外しておきましょう。

ただし、簡単に外せないタイプのボタンについては、糸で留めているところがほつれていないかチェックしておくようにしてください。

 

また、名札、エンブレムなど装飾がある場合は、そちらも全て取り外しておきましょう。

学生服をクリーニングに出す際、家庭でボタンを取り外さなくても、クリーニング店で取り外しをしてからまた縫い付けるというところも多いようです。

 

紛失を防ぐためにも、自宅でボタンを取り外しておく方がいいでしょう。

 

めぐめぐ

まれに、クリーニング店でボタンを外して、そのまま紛失してしまったというケースもあります。

もちろん、徹底した管理を行っているので、こういったリスクは少ないとは思いますが、それでも100%ないとは限りません。

 

学生服の宅配クリーニングでつけられるオプションは?

学生服の宅配クリーニングでつけられるオプションは?

宅配クリーニングではクリーニング料金にサービスがついているケースもありますが、オプションでさまざまな加工をつけることもできます。

宅配クリーニングによっても異なりますが、一度目を通しておきましょう。

 

その1.折り目加工

女の子の学生服はプリーツのスカートが多いです。

このプリーツの折り目がなくなると見た目が悪くなります。

 

また、男の子のズボンでも折り目がしっかりついていないと見た目が悪くなるので、 折り目加工をしておいた方がいいでしょう。

折り目加工のオプションは大体300円程度です。

 

その2.撥水加工

学生服は毎日着るものです。

雨の日でも当然きて行かなくてはいけないので、意外と水に濡れる場面が多いです。

 

だからこそ水をはじく撥水加工をしておくと生地の傷みも軽減できます。

また、 撥水加工は通気性が良いので、防水加工よりも快適に過ごせるのが特徴です。

 

さらに、撥水加工のメリットとしては、水だけでなく油、ほこり、 ちり、 花粉もつきにくいのでおすすめ。

撥水加工のオプションは大体600円程度です。

 

その3.花粉防止加工

花粉防止加工をすると学生服の繊維に花粉が入りにくく、簡単に花粉を落とすことができます。

特に花粉症のお子さんの場合は、花粉防止加工をしておくのがいいでしょう。

 

また、花粉防止加工をしておくと静電気も起きにくくなります。

花粉防止加工のオプションは大体400円程度です。

 

その4.汗抜き加工

汗を吸収した学生服をそのまま放置してしまうとごわつき、カビの原因にもなります。

また、長期間汗を吸い込んだ状態にしておくと臭いの原因にもなるので注意が必要です。

 

特に梅雨の時期には必ず汗抜き加工をしておくとすっきりした着心地になります。

 

宅配クリーニングから学生服が戻ったら行うべき7つのこと

宅配クリーニングから学生服が戻ったら行うべき7つのこと

宅配クリーニングから学生服が戻ってきたら以下の7つを行いましょう。

 

その1.ビニールカバーから取り出す

学生服が戻ったらすぐにビニールカバーを取りましょう。

ビニールカバーを付けたままだと学生服に湿気がたまり、通気性が悪くなります。

 

めぐめぐ

生地が傷みやすくなる原因になるので、すぐに取ってください。

 

その2.汚れが落ちているかチェックする

ビニールカバーを取り外したら、汚れが落ちているかくまなくチェックしてください。

万が一、汚れが落ちていなかった場合、再度クリーニングしてもらえるところが多いです。

 

損をしないためにも汚れが全部落ちているかチェックしましょう。

また、再度クリーニングを依頼する際は期限が設けられています。

 

めぐめぐ

日にちをすぎないように注意してください。

 

その3.破れ・ほつれがないかチェックする

学生服を宅配クリーニングに出す前は破れ、ほつれがなかったのに、戻ってきたら、破れがあった、ほつれがあったなんてことにならないようにチェックします。

もちろん、そんなことはレアケースだと思いますが、一般的なクリーニング店同様、100%ないとは言い切れません。

 

めぐめぐ

宅配クリーニングに出す前にはほつれがあった!という場合、修繕してもらえていることもあります。

言わなくても修繕してくれるところもあるので、これが直っていたら感動するかもしれませんね。

 

その4.太いハンガーに変える

学生服のチェックが終わったら、クリーニング店の細いワイヤーのハンガーから取り外し、太めのハンガーに替えてください。

細いハンガーは型崩れの原因になるので、覚えておきましょう。

 

その5.陰干ししておく

学生服は一度、陰干しして風を通しておきます。

ビニールにたまった湿気を飛ばすためにも、戻ってきたらすぐに陰干しを行いましょう。

 

その6.学生服がクリーニングから返ったらボタンをつける

学生服がクリーニングから返ったら、取り外していたボタンをつけるようにしてください。

早めにやっておかないと忘れがちなので注意しましょう。

 

その7.不織布のカバーをかけておく

最後に保管についてです。

保管サービスを使う場合は戻ってきたら使うと思うので、あまりカバーを使う人はいないでしょう。

 

しかし、保管サービスを利用せずに自宅で保管する場合は、不織布のカバーを取り付けてください。

ほこりから学生服を守るためにも、利用しましょう。

 

めぐめぐ

このとき、防虫剤も一緒に使ってください。

 

学生服はどのくらいの頻度で洗濯してるの?そもそも学生服は自宅で洗濯できないの?

学生服はどのくらいの頻度で洗濯してるの?そもそも学生服は自宅で洗濯できないの?

学生服を1か月に1回、クリーニングに出すのが理想的ですが、そんなにクリーニングに出していないですよね?

他の家庭では、どのようなケアをしているのか気になりますよね?

 

また、実際に学生服は自宅で洗濯できないのか?という疑問が生じます。

 

各家庭での学生服の洗濯頻度はバラバラ

考えてみれば当然なんですが、普段着ている洋服は毎日洗いますよね?

でも、学生服に関しては毎日洗濯はしない…これってちょっと汚いかなと思います。

 

めぐめぐ

ネットで調査してみたところ、学生服の洗濯頻度は各家庭でバラバラなんです。

 

☑洗濯機で洗えるものは毎日洗う。

 ☑洗えないものは長期でお休みに入るタイミングでクリーニングに出す。

☑自宅でとにかく毎日洗濯する。

 

めぐめぐ

確かに子供の行動は全部見られません。

どこで何をしているのかわからないし、実は汚れが目立っていないだけで、食べ物や飲み物をこぼしてつけている可能性だってあります。

 

こんなことをされていたら、学生服が虫に食われたり、カビの原因になってしまいますよね。

 

衣替えのタイミングが一番洗濯しやすい・クリーニングに出しやすけど…

ネットで調べてみたところ、皆さん、学生服は毎日着るものだし、替えがないから洗濯するタイミングがないという意見が多かったです。

また、生地が傷まないか心配だからワンシーズンに1回でいいと思っているという意見のありました。

 

めぐめぐ

しかし、この頻度だと汚いですよね…。

 

汚れは目立たないけどかなり汚いのも事実

学生服って基本的に汚れが目立ちにくい濃い色のものが多いです。

だから余計、親もそれほど洗濯やクリーニングに出さなくてもOKと思ってしまいます。

 

めぐめぐ

でも、中に着ているブラウスを見てみればわかると思いますが、白いブラウスって1回の着用でも、袖口、襟周りが結構汚れていますよね?

学生服は直接肌に触れていないとはいえ、それに近いくらい汚れがたまるということなんです。

 

まずは学生服の表示を確認!年齢によっては洗濯できるものもある?

ここで学生服は自宅で洗濯できるよ!と安易にOKは出せません。

まずは洗濯表示をみましょう。

 

洗濯表示を見て洗濯OKのものであれば、定期的に自宅で洗濯するのがおすすめ。

特に低年齢のお子さんの制服はこまめに洗濯したほうが良いですよね。

 

めぐめぐ

今回ご紹介している「学生服」のくくりには幼稚園の制服も含んでいます。

幼稚園の制服に関しては洗濯できるものが多いようです。

 

幼稚園の制服に関しては汚れたらすぐに洗うようにしていました。

洗っても洗わなくても、小さい子供が着るものはすぐに傷んでしまうので、かなりボロボロになっても着ていましたね。

 

学生服は意外と洗濯できるものが多いです。

ただし、生地によっては自宅で洗濯すると傷みやすいものがあるので洗濯表示を確認しましょう。

 

自宅で洗濯できる学生服でも注意が必要!水温に気を付ける

できることならすべて自宅で学生服を洗濯したい!と思う人は多いです。

そんな人は以下の注意点を守りましょう。

 

注意点

☑汚れがひどい場合でも水温は上げない 。

☑毎日は洗濯しない。

 ☑学生服の洗濯頻度は多くても1か月に1回。

 ☑消臭スプレーの使い方でシミになる。

☑アイロンは直に当てない。

 

汚れがひどいからといって水温をあげてしまうと型崩れが起きたり、縮んだり、生地が傷んだりする原因になります。

節約のため、クリーニングではなく自宅で洗濯しても、買いなおしになりかねないので、注意してください。

 

また、汚れがひどいからと言って毎日洗濯する、1か月以下の頻度で洗濯すると同じようなトラブルを起こします。

そのほかに気になるのが消臭スプレー。

 

確かに消臭スプレーにはにおいを抑え、防菌作用があります。

 

しかし、汚れがつきにくくなるというわけではないですし、逆にシミになることもあるんです。

また、消臭スプレーをしているから大丈夫だろうと長期間洗濯しないと汚れがたまり、虫食われ、カビの原因になるので注意が必要です。

 

また、アイロンは直に当てるのは避けましょう。

 

トータルで考えると自宅で洗濯するのは大変

上記の通り、学生服を自宅で洗濯するのはかなり大変です。

それを考えると、宅配クリーニングでお願いしてしまった方が楽でしょう。

 

宅配クリーニングだと納期が気になるというケースもありますが、最短翌日、2~3日後という宅配クリーニングもあるので活用しましょう。

 

普段は自宅で洗濯したい!学生服の正しい洗濯の仕方をマスターしよう!

普段は自宅で洗濯したい!学生服の正しい洗濯の仕方をマスターしよう!

それでも毎月1回、宅配クリーニングに出すのが厳しいという人もいるでしょう。

そんなときは自宅で洗濯するしかありません。

 

学生服を自宅で洗濯する方法

学生服は大抵の場合、ウールとポリエステル半々です。

こういった学生服は自宅での洗濯が可能です。

 

用意するもの

☑おしゃれ着洗いの洗剤

☑ 桶

☑ 洗濯ネット

☑30度以下の水

 

手洗い、洗濯機の両方で洗濯可能です。

 

前準備

☑ポケットの中身を確認。

☑前のボタン、カラー、リボンを外す。

☑ ブラッシングしておく。

☑ファスナーは閉める。

☑ポケットのボタンは外に出ないようにする。

☑洗濯ネットに入れておく。 (小さくたたみすぎない)

☑部分洗いをしておく。

 

手洗いの方法

1.桶に30°以下の水をはります。

 

2.おしゃれ着洗いの洗剤を入れ溶かします。

 

3.学生服を桶のサイズに折りたたみ洗濯ネットに入れ、押し洗いをします。

 

4.汚れが浮いてきたら、水をして新しい水で何度もをしながらすすいでいきます。

 

5.水がきれいになるまですすいでから、脱水をかけます。

 

洗濯機での洗い方

学生服を洗濯ネットに入れ、やさしく洗えるコースで洗う。

 

このとき、ほかの衣類と洗わないようにしましょう。

 

干し方

ハンガーにかけ、軽く形を整えてからしわをのばします。

下はピンチハンガーで空間が空くように干します。

 

このとき、脱水が終わったらすぐに干すようにしてください。

また、外で干すときは陰干しがマスト。

※絶対に乾燥機は使わないでください。

 

学生服のプリーツの折り目がなくなったときは

学生服のプリーツがなくなってしまった場合は、スチームアイロンと折り目を強くするスプレーを使うといいです。

プリーツを洗濯バサミで固定し、上から当て布をしてスチームアイロンをかけます。

 

その後にプリーツの折り目を強くするスプレーを使ってください。

 

 

自宅での学生服のケア方法

自宅で行っておいた方がいい学生服のケア方法は以下の通りです。

 

テカリ防止にはコレ!

毎日使っているとどうしても表面が擦れてしまい、光の反射でテカってきます。

そんなときはスチームアイロンを使いましょう。

 

この方法はスーツでもおすすめしています。

 

スチームアイロンを使う方法

1. 洋服用のブラシでホコリや汚れを落とします。

 

2.歯ブラシで繊維を毛羽立たせます。

 

3.学生服の上に当て布をして、少し隙間をあけてスチームアイロンをかけます。

当て布をしないでアイロンをかけると、当然、テカってしまうので注意しましょう。

 

自宅で洗濯する

洗濯表示で洗濯 OK の場合、 学生服のテカリを取るには自宅で洗濯したほうが早いです。
詳しい洗い方は上記をご確認ください。

 

まとめ

まとめ

学生服の洗濯、クリーニングの頻度は意外と知らない人が多いです。

濃い色だからわからないかもしれませんが、ずっと着たままなのでかなり汚れているということがわかりました。

 

また、学生服のボタンは破損の恐れがあるので、簡単に外せるものは自宅でも、クリーニングでも洗濯前に外しておくのがおすすめ。

 

この機会に学生服の洗濯、クリーニングの頻度を見直し、宅配クリーニングを使ってみませんか?

 

学生服の宅配クリーニングならリナビスとネクシーがおすすめ!

>>申し込みはこちら>>リナビス

>>申し込みはこちら>>宅配クリーニング【ネクシー】

 

ブログランキングに参加しているので、応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ クリーニング店へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク