毛布を自宅で洗濯できる?【コツを抑え清潔さをキープ】       

スポンサーリンク

 

 

ブログの更新は上記Twitterよりお知らせしています!

 
ニャンコニャンコ

毛布を自宅で洗濯したいけど、ふんわりさがなくなりそうニャ…。

毛布を定期的に洗濯しないと汚いけど、正しい洗濯の仕方がわからないニャ。

 

あと、楽できる方法ってないのかニャ?

毎日仕事してるからちょっと洗濯するタイミングが難しいニャ…。

 

めぐめぐ

こういった質問に答えます。

この記事は主婦歴18年、定期的に毛布、布団などを自宅で洗濯して、快適な睡眠ライフを過ごしているわたしが書いています。

 

 

毛布は自宅で洗濯できる【洗濯するときの注意点とやり方10】

毛布は自宅で洗濯できる【洗濯するときの注意点とやり方10】

毛布は自宅で洗濯できます。

というか自宅で定期的に毛布を洗濯しないとちょっと汚いし、厳しいですよね…。

 

物によっては洗濯の仕方が面倒なものもありますが、基本的に洗濯機で洗っても良いものが多いので、洗ってしまいましょう。

ただし、洗濯時は注意点、やり方があるので、以下のことをチェックしておいてください。

 

①毛布の洗濯表示をチェック

毛布を洗濯する前に毛布の洗濯表示を確認しておいてください。

洗濯機の絵、手洗いの表示があれば、洗濯OKです。

 

ただし、洗濯機、手洗いのマークにバツがついている、ドライ表示があるものは自宅で洗濯できないです。

まずは洗濯前にチェックしましょう。

 

※自宅で洗えないものに関しては以下で紹介している宅配クリーニングが便利です。

宅配クリーニングの項目へ!

 

 

②洗濯機のごみを取っておく

毛布は特に綿ごみが出やすい、付きやすいので、前もって洗濯機のごみ取りネットのごみはきちんと取っておきましょう。

もちろん、毎回取るのが基本ですが、毛布を洗うときは特に気をつけてください。

 

③毛布のごみを取っておく

毛布にはほこり、髪の毛が付着しやすいです。 洗濯前にはブラシ、コロコロなどでごみを取っておきましょう。

また、ほこりを取るときははたくのも取れやすいです。

 

④天気をチェックしておく

洗濯前に朝一で、天気をチェックしておいてください。

毛布は分厚いのですぐに乾きません。

 

一日かけて乾かすと考え、天気のいい日を選びましょう。

 

⑤毛布の洗濯ができるサイズの洗濯機か確認

洗濯機が毛布が洗濯できるサイズか確認しておきます。

毛布を入れても少し余裕があるくらいのサイズでないと洗濯機が故障したり、汚れが落ちていなかったり、毛布自体が破れたりする原因になるので注意してください。

 

また、毛布が洗濯できる洗濯機であれば、洗濯機に「毛布」のコースがあるでしょう。

毛布のコースで洗えば、生地への負担も少なくなるので、こちらのコースを使ってください。

 

⑥洗濯に使う洗剤は中性洗剤で洗濯前に溶かしておく

洗濯に使う洗剤は布団同様、中性洗剤です。

また、毛布を洗濯機に入れる前に洗剤を洗濯機で溶かしておくと洗剤の付着を防げます。

 

⑦毛布はクルクル畳み洗濯ネットへ

毛布は蛇腹折りにしてからクルクル畳んで洗濯ネットへ入れます。

洗濯ネットを使用しないと引っかかったり、破れ、破損の原因になるので必ず洗濯ネットを使いましょう。

 

こんな感じで畳んでいきます。⇩

 

毛布畳み方2

 

ネットに入れた毛布

 

⑧干す場所を確保&干し方に注意

毛布は大型のものなので干す場所の確保をしておきます。

うちはマンションなのでベランダが狭いです。

 

なので、夏は手すりにかけて裏表返してよく乾燥させています。

冬はピンチハンガー全部のピンチに挟んで干すようにすると乾きやすいです。

 

ただ、重みがあるので、ピンチの部分を全部使わないと落ちてしまいます。

ベランダが広い場合はM字にして干す、ハンガーを並べてその上において干すなど、空間が空くように干すのがおすすめ。

 

詳しくは布団カバーの干し方を参考にしてください。

 

⑨中までしっかり干す

中までしっかり干さないとカビやダニの発生の原因になります。

裏表しっかり干してください。

 

うちはもう乾いたと思っても、長めに干すようにしています。

 

⑩手洗いの場合は浴槽で踏み洗い

手洗いの場合は浴槽で踏み洗いしましょう。

使用する洗剤は中性洗剤です。

洗剤は浴槽に溶かし、足で踏みながら汚れを落とします。

 

その後、浴槽に新しい水を入れ足で踏みながらすすぎましょう。

これを2~3回繰り返し、よく洗剤を落としてください。

 

後は手で絞り、浴槽のふちに干して、水切りをします。

その後にベランダで干すようにしましょう。

 

毛布を自宅で洗濯は面倒くさい人は【コインランドリー&宅配クリーニング】

まとめ:毛布は自宅で洗濯できるけど楽をしたいなら宅配クリーニング

毛布を自宅で洗濯するのが面倒くさい…という人はコインランドリー、宅配クリーニングがおすすめ。

これなら短時間で完了します。

 

①コインランドリーなら洗濯から乾燥までできるから楽

コインランドリーが近くにあるなら洗濯から乾燥までできるので楽ですね。

コインランドリーで洗濯する場合も自宅で洗濯するのと同じ流れになります。

 

洗濯後は乾燥を1時間程度行ってしっかり乾かしましょう。

コインランドリーの熱は高温なのでダニの駆除にも有効です。

 

気になる場合は自宅で干すのではなく、コインランドリーの乾燥機で乾かしましょう。

ダニは洗うだけでは落とせません。

 

②宅配クリーニングなら自宅で全部終わるから超ラク

宅配クリーニングなら自宅で予約、集荷配送がすべて完了します。

なので、かなり楽です。

 

また、宅配クリーニングは布団、毛布、シーツなど、さまざまな物を取り扱っている、ダニの駆除も100%に近い確率でできるのでかなりおすすめ。

しばらく洗っていない、ちょっとなんだかかゆい…という場合は、いったん宅配クリーニングできれいにしてもらうのも良いかもしれません。

 

毛布の洗濯が安い宅配クリーニングはリネット。

毛布のみだと1枚2,990円とちょっと高いですが、布団2枚~とまとめて出すなら毛布1枚1,500円からできます。

 

あと初回限定で1,000円引きとかもやってるので、実質超安いかもです。

 

ふとんリネット⇩

全国どこでも【無料】で集配!布団クリーニングの全国宅配「ふとんLenet」

※送料無料、ふとんとまとめてクリーニングしちゃう!

 

また、リコーベなら普通の洗濯物も一緒にできるファミリーコースで3枚分の換算で毛布も一緒にお願いできます。

割引価格で利用すると1枚2,850円でお願いできます。

 

リコーベ⇩

宅配クリーニング・リコーベ

※送料は自由設定、普段の洗濯物と一緒に毛布も洗濯してもらう!

 

どちらも評判が良いので使ってみる価値ありです。

 

まとめ:毛布は自宅で洗濯できるけど楽をしたいなら宅配クリーニング

まとめ:毛布は自宅で洗濯できるけど楽をしたいなら宅配クリーニング

毛布は自宅でカンタンに洗濯できますが、楽をしたいなら宅配クリーニングがおすすめです。

また、楽できるだけでなくダニの駆除にも有効なので、定期的な宅配クリーニングの利用が良いでしょう。

 

本記事で紹介したのは…

 

☑自宅での毛布の洗濯の仕方。

☑面倒くさい人はコインランドリー、宅配クリーニング。

 

です。

 

時間がない人、面倒な人は宅配クリーニングを利用しましょう。

 

ふとんリネット⇩

全国どこでも【無料】で集配!布団クリーニングの全国宅配「ふとんLenet」

※送料無料、ふとんとまとめてクリーニングしちゃう!

 

リコーベ⇩

宅配クリーニング・リコーベ

※送料は自由設定、普段の洗濯物と一緒に毛布も洗濯してもらう!

 

ブログランキングに参加しているので、応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ クリーニング店へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク