宅配クリーニングを有効活用で衣替えを!この裏技で部屋が広くなる?       

スポンサーリンク

 

 

ブログの更新は上記Twitterよりお知らせしています!

 
 
この記事でわかること
☑宅配クリーニングを活用した衣替えの方法。
☑宅配クリーニングを使った衣替えのメリット、デメリット、注意点。

 

めぐめぐ

宅配クリーニングを衣替えのタイミングで使えば、部屋が広くなるって知ってましたか?

 

ニャンコニャンコ

何だニャ!

それはどういうことニャ?

 

めぐめぐ

衣替えのタイミングで宅配クリーニングを使うと部屋が広くなるというメリットがあるんです。

しかも、あんまりお金をかけなくてすむ使い方なので、メリットが大きい!

 

ニャンコニャンコ

それは知りたいニャ!

 

めぐめぐ

管理人はかなりけち臭いタイプなので徹底的に調べ、宅配クリーニングで衣替えで部屋を広くかつ安くできる方法を見つけました!

 

 
こんな人に使ってほしい!
☑衣替えの衣類の置き場所に困っている。
☑宅配クリーニングを使ったことがないから、衣替えのタイミングで活用したい。

 

 

 

宅配クリーニングを衣替えで使うメリットはこの9つ

宅配クリーニングを衣替えで使うメリットはこの9つ

宅配クリーニングを衣替えのタイミングで使うメリットは9つもあって、一般のクリーニング店を使うより断然お得!

このタイミングで宅配クリーニングを使うのがベストなので、初めて宅配クリーニングを利用するという人は逃さないでください。

 

その1.衣替えのタイミングで汚れた衣類を一括クリーニングできる

衣替えのタイミングって、汚れがたまり切った状態の衣類が多いですよね?

コート、冬物のスーツ、カシミアセーターなど、自宅で洗濯するのはちょっと…というものも多いはず。

 

また、面倒くさいと思ってきたままの状態で保管してしまうと汗、汚れが付いたままなので、カビや虫食い、黄ばみの原因に。

だからこそ、衣替えのタイミングでまとめて宅配クリーニングに出すのはめちゃくちゃいいんです。

 

また、そのほかの理由としては… パックサービスならコート類も一律料金だから!

一般のクリーニング店だとコート類は基本的に高くつきます。

 

 でも、宅配クリーニングなら1,000円以下、800円程度で済んでしまう宅配クリーニングもあります。  

これはかなり安いと思いませんか?

 

その2.店舗に持っていく手間が不要

宅配クリーニングを衣替えのタイミングで使うと店舗に衣類をまとめて持っていく手間が不要になります。

特に冬物衣類は本当にかさばるし、結構重いですよね?

 

家族が多ければ多いほど、その量もそうですが、重さがすごいことになります。

これは持っていくのがきつい!と思う人も多いでしょう。

 

しかし、宅配クリーニングであれば、集荷に来てもらえるので、持っていく手間がないんです。

 店舗に並ぶ必要もない、重い荷物を運ぶ必要もないというメリットが生まれます。  

 

その3.自宅で保管よりも衣類にベストな環境で保管できる

今まではクリーニング後に自宅で保管してたという人は多いです。

でも、それってベストな状態で保管できていますか?

 

日本は湿気が多いので、衣類には最適な環境とはいえません。

 

 しかし、宅配クリーニングが保管している保管倉庫は最適な温度、湿度をキープしているため、衣類への負担が最小限に抑えられ、ベストな状態で保管してもらえるんです。  

 

これなら自宅で保管するよりお願いしてしまった方が良いと思いませんか?

 

その4.しまい洗いが不要

衣替えのタイミングでクリーニングに出すという部分で多少かぶりますが、次の冬まで保管するというタイミングにはしまい洗いをする必要があります。

保管前は汚れを落とし、よく湿気を取ってから保管しないと虫食い、カビ、シミの原因になるんです。

 

冬物をまとめて洗濯するのは結構大変。

だからこそ、宅配クリーニングでまとめて洗って衣替えに備えるのがおすすめなんです。

 

※しまい洗いについてはリネットの公式ホームページ参照:

https://www.lenet.jp/magazine/20170707-02

 

その5.保管スペースが不要になる

宅配クリーニングを衣替えのタイミングで使う最大のメリットは保管が付いていること。

保管サービスが付いている宅配クリーにぐを利用すれば、衣替えでしまわなくてはいけなかった大量の季節もの衣類をまとめて保管してもらえるんです。

 

 衣類をクリーニングしてもらい、保管までしてもらえれば、きれいになる、スペースにゆとりが出て部屋がすっきりしますよね。  

 

その6.畳んでしまう・かさばるものをハンガーにかける・ビニールから出す必要がない

上記の通り、宅配クリーニングを衣替えのタイミングでお願いするとクリーニングして保管までお願いできます。

だからこそ、洗濯後の衣類を畳む、しまう、かさばるものをハンガーにかけるまたはどこにしまうか悩む必要がないんです。

 

ハンガーにかける必要のある衣類は…

☑コート

コート類はかなりかさばるのでハンガーで保管がベスト。

また、ものによって折りたたんでしまうとしわが取れなくなるので注意が必要。

 

☑シャツ

一見、折りたたんで保管の方がよさそうですが、しわになりやすいものなので、ハンガーで保管の方が良い。

ただし、気にならなければ折りたたんで保管もOK。

 

☑シルクの衣類

シルクはデリケートな素材なので、摩擦、しわなども心配。

ハンガーで保管することでリスクを軽減。

 

ちなみに畳んでしまう必要のある衣類は…

☑セーター

これはハンガーにかけると重みで下に伸びてしまうから。

セーターはかさばるので圧縮袋で保管するのもおすすめですが、使用する際はスチームアイロンでしわ取りはした方が良い。

 

折りたたむ際も、しわをなるべく伸ばす、縫い目に合わせて畳む、折り目は少なくするのがポイントです。

こうすることでしわになりにくく、次に使うときのタイミングでしわが気になりません。

 

また、クリーニングに出したものは必ずビニールカバーから取り出す必要があります。

ビニールカバーを取る理由については以下のおすすめ記事をご覧ください。

 

おすすめ記事

 

その7.宅配クリーニングなら衣替えのタイミングで割引・クーポンなどもある

宅配クリーニングを衣替えのタイミングで利用するときは割引、クーポンが発行されることが確率的に多いです。

 特に早めに申し込みをすることで、半額になることもあります。  

 

初めて利用する方は衣替えのタイミングで使ってみるのもいいでしょう。

 

その8.パックサービス・単品サービスなど選択の幅が豊富

宅配クリーニングのサービスは大きく分けて2種類あります。

 

☑枚数の決まったパックサービス。

☑単品での受付サービス。

 

また、パックサービスでも、5枚、10枚、15枚、20枚など、豊富な枚数洗濯ができるところが多いです。

単品サービスの場合は好きなものだけクリーニングをお願いできるので、3,000円程度しか使わない場合でも、送料なしでクリーニングできるケースもあります。

 

※宅配クリーニング業者、エリアによって送料の有無は変わります。

 

その9.保管サービスはクリーニング代込みのところが多い

上記の通り、パックサービスと単品サービスがあるんですが、パックサービスのところはたいてい保管料が込みになっているところが多いです。

 

しかも、保管料込みなのに最大8~11か月預かってもらえるので、早めに預けちゃうこともOK。

これなら暖かくなったらすぐにクリーニングに出して部屋をすっきりさせるということもできますね。

 

保管サービスを取り扱ってる宅配クリーニング、料金については以下のおすすめ記事を参照してください。

 

おすすめ記事

 

宅配クリーニングを衣替えで使うデメリットは2つ

宅配クリーニングを衣替えで使うデメリットは2つ

宅配クリーニングを衣替えで使うデメリットもちょっと考えてみたんですが、あまりないですね…。

 

その1.お金がかかる

宅配クリーニングを衣替えで使うともちろんその分、料金が発生します。

これがネックになるという家庭もあるかもしれません。

 

わたしも結構けち臭いところがあるので、金額でどうしようかな…と思ってしまいます。

 

しかし、ちょっと考えてみてください。

宅配クリーニングのパックサービスには保管料金も入っているといいましたよね?

 

 通常、クリーニングに出さなくてはいけないものであれば、実質保管料金がかかっていないような金額なんです。  

だからこそ、これが大きなデメリットになることはないと思います。

 

もちろん、普段着をクリーニングに出すとなるとデメリットになると思いますが、スーツ、コート類などはそう思いませんよね?

 

その2.即日お届けはムリ

下記の注意点でも記載していますが、保管をお願いして寒くなったから今日届けてほしいというわけにはいきません。

すぐに届けてもらうことはできないので、急にほしいときにはデメリットになるかもしれませんね。

 

宅配クリーニングは衣替えと普段使いと分けて使うのがおすすめ

宅配クリーニングは衣替えと普段使いと分けて使うのがおすすめ

宅配クリーニングは衣替えのタイミングだけに使うのがベストなのでしょうか?

衣替えのタイミングだけしか使わないという人はあまりいないはず。

 

普段、仕事をしている人であれば、どうしてもクリーニングを使うしかないですよね。

それでは普段はどんな使い方をした方が良いのでしょうか?

 

その1.普段は単品サービスを使うのが〇

衣替えのタイミングだけでなく、ある程度は普段からクリーニングって使いますよね。

スーツを着る仕事をしていれば、夏なら2週間に一度、冬ならシーズンごとか汚れたタイミングでクリーニングに出すのが理想的。

 

詳しくはおすすめ記事をご覧ください。

 

おすすめ記事
 

それでは毎回、パックサービスの方が良いのでしょうか?

いいえ、普段は単品サービスを利用したほうが良いんです。

 

単品のサービスならワイシャツなどでも安く利用できるのがメリット!

250円くらいでお願いできるので、一般的なクリーニング店と比べてもそこまで変わらないです。

 

また、スーツなどは値段もそれほど変わらないですし、シミ抜き、修理なども無料でやってくれるところもあります。

それを考えると宅配クリーニングの方が安くなる可能性も。

 

1回3,000円以上なら送料無料など、一定額に達していれば、かなり安く使えます!

 

その2.宅配クリーニングのパックサービスは衣替えのタイミング

逆にパックサービスは定額料金なので、衣替えのときに利用したほうが断然オトクです。

コート類が1,000円以下でできるパックもあり、クリーニング+保管料と考えれば、使わないのは損だと思いませんか?

 

宅配クリーニングを衣替えで使うときの注意点

goh-rhy-宅配クリーニングを衣替えで使うときの注意点yan-472415-unsplash

宅配クリーニングを衣替えで使うときの注意点が3つあるので、利用前に必ず確認しておきましょう。

 

その1.早めに保管依頼しないと受付できないことも

宅配クリーニングは最近、人気が出てきました。

リナビスなどはテレビでも放映されており、人気があります。

 

そのため、定員数をオーバーした場合はクリーニング自体の受付を行わないことも。

保管を確実に利用したい場合は、早めにお願いするのがおすすめです。

 

その2.急な受け取りはできないというところも

基本的に返却期日を設定しますが、急に使う必要が出てきたということもあるでしょう。

そういった場合、急な受け取りができないという確率が高いです。

 

急に寒くなったとしても、今日届けてください!というわけにはいけません。

リナビスはコールセンターでできるだけ、返却の都合を融通してくれるようですが、こちらもタイミングによっては対応できないこともあります。

 

保管してもらった衣類は早めに配達してもらうようにしておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

まとめ

本記事で紹介したのは…

 

本記事まとめ

☑宅配クリーニングを衣替えで使うときのメリット、デメリット。

 

☑宅配クリーニングは衣替え&普段使いと分けるのがおすすめ。

 

☑宅配クリーニングを衣替えで使うときの注意点。

 

です。

 

宅配クリーニングを衣替えで使うときはメリットの方がダントツで多く、デメリットらしいデメリットは見当たりませんでした。

衣替え、普段使いと分けて使えば、さらに宅配クリーニングをうまく使えますよね!

 

ブログランキングに参加しているので、応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ クリーニング店へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク